BOD測定システム「BODマスター」B-100BTi

~製品仕様~

製品仕様

DO測定

測定方式 DO:隔膜電極式センサー(JIS K0102:2016 32.3)
水温:半導体温度センサー
表示方法 BOD指示部(液晶ディスプレイ)での全画面表示
測定範囲・分解能 DO:0.00~20.00mg/L*1  水温:0.0~40.0℃
計器精度
(センサー含まず)
DO:±0.03mg/L(一定温度)
水温:±0.2℃
校正方法 校正の種類を選択、DOプローブのSTARTスイッチでON/OFF(飽和水/ゼロ水によるワンタッチ校正、選択により空気校正/飽和水手動校正/水温校正も可能)
防水構造 BOD指示部:防水機能なし  DOプローブ:IP67防塵・防水性 準拠
自己診断機能 校正時の正常/異常を自己診断
補正機能 温度補正(自動)、塩化物イオン補正(手動)、気圧補正(手動)
その他機能 DO測定の自動安定判断機能、測定結果のExcel検体表への直接出力(Excelプリインストール)、DOプローブ4本同時測定表示、メンテナンス時期のお知らせ機能(任意で設定可能)、
プログラムの自動アップデート機能(インターネット環境下の場合)
外形寸法・重量 BOD指示部*2:約452(W)×178(D)×357(H)mm、18.5インチ画面、約4.0kg(画面+PC本体)
DOプローブ:約Φ41×175mm、約200g(電池含む)
電源 BOD指示部:AC 100V  DOプローブ:DC4.8V(単3形充電式乾電池×4本)

BOD測定と機能

D1/D2測定*3 培養時間:5日間  自動安定判断後DO値を自動記録(検体表使用時)
BOD演算 D2測定後BOD値を自動演算
消費率自動計算
消費率の合格範囲内を色で識別(検体表弊社ひな形使用時)
記憶量 1000検体/Sheet以内(検体表弊社ひな形使用時)
検体表 弊社ひな形使用時の表示項目:検体名、希釈倍率、植種液、植種液濃度、塩化物イオン補正、D1、D2、BOD、消費率、測定日時、水温、プローブch
測定結果を弊社ひな形または既存のExcelフォーマットに直接出力可能(Excelデータ設定画面にてD1/D2ごとに指定シートの開始列行を設定)
複数プローブ測定時はセルの色でプローブを識別し、測定終了と同時にプローブchを記録

酸素利用速度測定と機能

酸素利用速度 T0(算出するスタート時間)とT(算出する幅)で指定した時間内の傾きより自動演算しリアルタイム表示  有効桁数は小数第二位
直線率 T0とTで指定した時間内のグラフより自動算出  有効桁数は小数第一位
T0自動検索ボタンにより直線率の一番良いT0を自動検索可能
画面表示 T0およびT0+Tを青線、10秒間隔でDO変化をプロットしたDO曲線を赤線でグラフ表示、任意で最大スケールの指定可能(横軸最大99分、縦軸最大20mg/L)
利用速度、直線率、測定値に基準値の設定可能(外れた場合に色で識別)
画面印刷 印刷ボタンによりプリンターでの印刷可能

*1 測定温度による 
*2 BOD指示部は弊社指定(予告なく仕様変更の場合あり)ソフトインストールおよび出荷調整済、マウス・キーボード付
*3 BOD測定、DO測定はJIS K0102:2016による

注)製品改良のため、予告なく仕様変更する場合がありますので、ご了承ください。

製品全般に関するお問い合わせ
電話問い合わせ

【受付時間】
(月~金・祝日) 8:45~17:20

メール問い合わせ