工業用酸素計

GP-200

不活性ガス充填管理で品質維持・向上に
ガス置換における配管異常箇所の発見に最適

テスト器
貸出無料

特長

工業用酸素計 GP-200

1. 可燃性ガスに強いガルバニ式酸素センサー
センサーはワンタッチ交換。低濃度酸素(1%未満)も分解能0.01%で測定。
2. ガス置換時間をカウントで確認
ガス充填に必要な酸素濃度を設定、その濃度までの置換時間をカウントし、置換完了後は点滅表示でお知らせ。
3. 簡単な差し込み式で接続可能
センサーハウジングに接続配管の差し込み式で既存配管との接続も簡単。
4. 場所を選ばないポータブルタイプ
乾電池動作、小型軽量のため野外でも活躍。
5. 2つボタンの簡単操作
簡単操作かつ、測定性能は弊社上位機種と同等の精度を発揮。

置換時間のカウント

ガス置換時間の表示(測定と同時にカウント)
※切替スイッチでガス温度表示にもできます。

チューブ配管

配管チューブは簡単な差し込み式。ハウジング内にガスを流通させて測定します。

この製品は、仕様・機種選定に関するお打ち合わせが必要となります。
≫機種選定のための確認事項表へのリンク

用途

・工場、充填設備の配管異常の発見
・各種工業炉や装置立ち上げ時のガス置換の標準化と品質管理
・半導体製造工程、燃焼、排ガス等の管理 など

測定例

・不活性ガス充填の管理
充填する槽や容器のガス出口側に工業用酸素計GP-200をセット。初回に充填条件をGP-200で求め標準化し、商品の出来映え、酸素濃度、充填時間の要素を管理項目に加えて、出来映え向上を行います。
 ・ガス充填機の日常点検
定期的に充填機のガス出口に工業用酸素計GP-200をセット。配管中に異常があれば、設定した酸素濃度まで時間内に下がらずに配管異常を確認できます。異常箇所の範囲は、順番にGP-200を配管中に入れていけば特定できます。

製品仕様

測定方法
隔膜型ガルバニ電池式酸素センサー
半導体温度センサー
表示方法
デジタル液晶表示
測定範囲
酸素濃度:①0.00~0.99%O2
     ②1.0~25.0%O2 オートレンジ切替
温度 :0.0~40.0℃
計器精度
(本体指示部のみ)*
酸素濃度:±0.03%O2(一定温度)
温度:±0.2℃
応答速度
90%応答15秒以内(20℃)
校正方法
空気によるワンタッチ校正
機能
・自己診断機能付(センサー寿命、不安定、校正不良を診断してメッセージを表示)
・置換時間測定機能付き 0.00~9.59(min.sec)、10~999(min) オートレンジ切替
・オートパワーOFF機能付(O2値に大きな変動はなく、30分以上のキー操作のない時、自動で電源OFF。ただし置換時間の測定中は無効) 
使用温度範囲
 0~40℃(結露しないこと)
サンプルガス流量
0.2~1.0L/min
サンプルガス条件
腐食性ガスなどが含まれないこと
サンプルガス出入口
チューブフィッティング(外径φ4用)付
電源
単4形アルカリ乾電池×3本(DC4.5V)
電池寿命
アルカリ乾電池:連続約360時間
本体寸法
全長 約195mm
表示部 約φ85×44mm
プローブ、ハウジング部 約φ40×100mm
重量
約330g(電池含む)

本製品は酸欠監視の目的で作られておりません。そのような目的でご使用されたい場合はご相談ください。
*
要求精度のお打ち合わせが必要となります。

注)製品改良のため、予告なく仕様変更する場合がありますので、ご了承ください。

製品カタログのダウンロード

GP-200カタログ (1,024kB)

標準価格(税抜)

工業用酸素計 GP-200 本体一式 : ¥130,000
注)製品改良のため、予告なく仕様および価格を変更する場合がありますので、ご了承ください。

製品全般に関するお問い合わせ
電話問い合わせ

【受付時間】
(月~金・祝日)8:45~17:20

メール問い合わせ