取り扱い・メンテナンス情報一覧(クリックすると該当のタイトルにジャンプします)

MLSS計の測定

MLSS測定方法

1. プローブを大気中に出した状態で電源をON
 (POWERキーを押す)
2. 測定箇所にあったモードを選択(IM-100P/80P)
3. プローブを検水にゆっくり入れ、安定値を読み取る
 
(数値は1/10表示のため10倍にして読み取る)

MLSS測定と水深・界面測定

MLSSの測定方法と、水深測定および界面判断の手順を紹介します。
※水深および界面判断はIM-100Pのみの機能です。IM-80P/50Pにはありません。

MLSS測定と水深・界面測定
「MLSS測定と水深・界面測定」動画ダウンロード

低画質動画(データ容量:約2.6MB)

相関式モードの説明と選択方法

複数の測定箇所に合わせて使い分ける場合は、測定箇所ごとに、モードを選択して測定します。
※IM-100P/80Pのみの機能です。IM-50Pにはありません。

相関式モードの説明と選択方法
「相関式モードの説明と選択方法」動画ダウンロード

低画質動画(データ容量:約3.2MB)

MLSS計の校正

ゼロ校正(1日1回、測定開始前に必ず実施してください)

MLSSゼロ校正

1. セルガラス面、校正容器をしっかり洗浄する
 (セルガラス面は洗浄用ブラシを使用し、洗浄後は水滴を拭き取る)
2. プローブを大気中に出した状態で電源ON

MLSSゼロ校正

3. 水道水を校正容器に約半分入れ、プローブを校正容器の底までゆっくり入れる
4. 数値が安定したら、CALキーを1秒以上長押し
「good」表示が出たら数値が0mg/Lになり、ゼロ校正は完了です。「Err4」表示が出る場合は、セルガラス面の水滴を拭き取り、2.からやり直してください。

ゼロ校正

ゼロ校正の手順を動画で紹介します。

MLSS計のゼロ校正
「MLSS計のゼロ校正」動画ダウンロード

低画質動画(データ容量:約2.7MB)

スパン校正(測定値が手分析値と合わない場合などに実施してください)

MLSS計のスパン校正

1. 事前にゼロ校正を実施(上記参照)
2. 校正したいモードを選択(IM-100P/80Pのみ)
3. 電池フタを開き、切替スイッチを「CAL」側(左側)にする
4. 「↑」「↓」キーで、表示部下段の数値を手分析値に合わせる
(数値は1/100表示のため1/100の数値を入力)

MLSS計のスパン校正

5. 校正容器に検水を約半分入れ、プローブを入れる
6. 円を描くように容器を回し、数値が安定したら、
CALキーを1秒以上長押し
7. 「good」表示が出たら、切替スイッチを「MEAS」側(右側)に戻し、電池フタを閉める

スパン校正

スパン校正(2点校正)の手順を動画で紹介します。
※モード選択の操作はIM-100P/80Pのみの機能です。IM-50Pにはありません。

MLSS計のスパン校正
「MLSS計のスパン校正」動画ダウンロード

低画質動画(データ容量:約3.0MB)

メンテナンスについて

MLSS計のメンテナンス

測定後は必ずセンサーを洗浄してください。

1. センサーカバーを外し、センサーカバーとセンサー、セルガラス面を洗浄用ブラシで洗浄する
 (汚れが落ちない場合は中性洗剤を使用)
2. センサーをきれいな水でよくすすぐ
3. 乾いたタオルの端などでセルガラス面の水滴を拭き取る

センサーの洗浄方法

センサーの洗浄方法を動画で紹介します。

MLSS計センサーの洗浄方法
「MLSS計センサーの洗浄方法」動画ダウンロード

低画質動画(データ容量:約1.5MB)

数値が安定しにくいときは(指示値ふらつき緩和機能)

浮遊物、気泡の影響などで指示値のふらつきが大きく指示値が読みにくい場合は、ふらつき緩和機能の感度(応答性)を下げることができます。「0」~「20」の範囲で設定でき、出荷時は「11」に設定されています。
 測定の応答が早い 0 ←← 11 →→ 20 測定の安定性が良い

<設定方法>
1. 電池フタを開き、「↑」キーを押しながら電源を入れる。(POWERキーを押す)
2. 「↑」「↓」キーを押して設定したい数値(0~20)に合わせる。
3. CALキーを1秒以上長押しし、電池フタを閉める
(設定が完了し、測定できます)

指示値ふらつき緩和機能

指示値ふらつき緩和機能の設定値変更の手順を動画で紹介します。

指示値ふらつき緩和機能
「指示値ふらつき緩和機能」動画ダウンロード

低画質動画(データ容量:約2.1MB)

製品全般に関するお問い合わせ
電話問い合わせ

【受付時間】
(月~金・祝日) 8:45~17:20

メール問い合わせ